沖縄県知事選挙が行われています。

私は、翁長県知事の遺志を継いで頑張っている玉城デニーさんを応援します。
翁長知事は、まさに命をかけて名護市辺野古への埋め立て工事の承認撤回へ、法律論的な研究や根拠づけなど、大量の資料を病床でもチェックして承認撤回にこぎつけたのだと思います。

おかげさまで、いま辺野古への新基地建設へ向けた埋め立ても止まっています。
承認撤回を支持する玉城さんが知事になることで、承認撤回はそのまま継続し、基地建設を絶対にさせない展望を切り開くことができます。

辺野古に半永久的に使用可能な基地はいらない!

辺野古の基地建設予定地。金網には基地反対の幕がたくさん。

普天間基地は、即時閉鎖・撤去を
辺野古の新基地建設は許さない!

平和の海、平和の島をつくっていくため沖縄県民の運動を応援します。

沖縄の痛みは日本の痛み

このことを胸に刻み、決して知事選挙を他人事とはしない。

昨年普天間第二小学校にオスプレイの窓枠が落下する事故がありました。
過去には米軍機の墜落事故がおきた場所です。

本来ならば米軍の飛行訓練中止こそが筋ですが、ここでとられた対策は米軍機が飛ぶたびに児童が避難するという措置だけ。

米軍は、飛行の中止はおろか一切の改善もしない。
安倍政権は、結局アメリカ政府に主権国家として取るべき行動もとれないありさま。

このような政権に身をゆだねる候補者に絶対負けないためにも、沖縄県民のたたかいを本土から応援します。